<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
NEW ENTRIES
PROFILE&ACCESS
LINK
ENQUETE
STORE
ARCHIVES
TRACK WORD
LOG IN

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | スポンサードリンク |
黒蜥蜴
くろとかげ

ルテアトル銀座に美輪さん主演映画の「黒蜥蜴」を見に行ってきました。ルテアトル銀座では10月から「美輪明宏特集上映」として若き頃の美輪さん主演映画を上映! 銀座までわざわざ足を運んだ甲斐もあったというもの。故深作欣二監督は本当に美輪さんが好きだったのだなぁと感じました。

誰もが知っているであろう江戸川乱歩原作の「黒蜥蜴」(今でも美輪さんは舞台公演しています)は、1968年の作品なのですが、美輪さん(当時は丸山明宏)演じる緑川夫人がなんと妖艶なことでしょう。40年以上も前の作品ですが、本当に美しかったです。

三島由紀夫も友情出演しているのですが、近代史に名を連ねる人が出演しているのもちょっと不思議な感じがしました。

オイラとしては名探偵明智小五郎役はTVシリーズで人気だった、故天知茂さんが一番ハマリ役だったと思います。マセた子供だったので、祖母の横でちょっとエロティックなシリーズをよく見ていた記憶があります。

江戸川乱歩シリーズ DVD-BOX 1
江戸川乱歩シリーズ DVD-BOX 1

DVD-BOXはかなり欲しい一品。くそぅ、レンタルあるかなぁ〜。
| 映画と本 | 01:01 | - | trackbacks(0) | ゼロ |
30 Days of Night
30 Days of Night
30 Days of Night

「吸血鬼」映画の中では、オイラの中では稀にみるヒット。
原作はアメコミですが、ヒーローものでないところがミソ。主演はジョシュ・ハートネット、とても残念なことに日本では未公開の映画なんです。

アラスカの冬の極夜(夜が明けない状態のこと)に、どこからともなくやって来た夜の訪問者たち。彼らは町を占拠し、狩りを始めます。生き残った者は30日後におとずれる夜明けを願い、夜の住人たちと生死をかけた戦いを繰り広げる・・というお話。

30 Days of Night
30 Days of Night
Steve Niles

「吸血鬼」と形容するには、あまりにもグロイ容姿(笑)、闇の底から這い出てきたかのようで、乱くい歯の描写はホラグロ慣れているオイラでも久々にぞっとしました。上のカバー絵からそのまま抜け出したってのは言い過ぎじゃナイです。

ホラー映画は当たりはずれが多い中で、さすがはサム・ライミ、この人本当にホラー好きなんですね。全体的に満足なんですが、大好きなジュシュ・ハートネットを投下したのがなにより○。コミックの方では続編がありますので、映画の方でも続編を大いに期待したいところです。

(; ・`д・´)…ゴクリ…(`・д´・ )
DVD出たら是非見てみてください。うーん、女の子は見ないか(´д`)
| 映画と本 | 17:11 | - | trackbacks(0) | ゼロ |
記紀を読むぜ
古事記 (岩波文庫)
古事記 (岩波文庫)
倉野 憲司

今回は時代がかなり遡りますが、歴史は繋がっているといことで1つ。

この間本棚を整理していたら、古事記や日本書紀やらの本や資料がごちゃっと出てきました。学生時代に民俗学をとっていたということもあるのですが、懐かしさのあまりに読み返してみたりしました。

日本神話の2本柱である「古事記」と「日本書紀」。
2つとも日本がどんな風に出来たのかという神代の時代のお話から始まるわけですが、文体が違えど大和朝廷(天皇支配)の支配はどれだけ偉大で、どれだけ素晴らしいことなのかを正当化する意図が秘められています。そして内容はかなりエログロイんだぞー、ミンナ。

日本人なら知っておきたい古代神話 (KAWADE夢新書)
日本人なら知っておきたい古代神話 (KAWADE夢新書)
武光 誠

とりわけ神代の話は何でもアリなところが面白いんです。
(古事記と日本書紀の名前の表記が一部違います。オイラは日本書紀より古事記が好きなので、そちらの方で統一して書かせて頂きます)
「国生み」からはじまり、「国譲り」「天孫降臨」「神武天皇の誕生」当たりまでが神代の話で、その間には神話で有名な伊邪那美(いざなみ)神・伊邪那岐(いざなぎ)神の話や、天照大御神(あまてらすおおみかみ)の天の岩屋、因幡の白兎、八俣遠呂智(やまたのおろち)の話があります。

「神様って凄いでしょう?」って言いたいのはよく分かりますけど、本当に糞でも味噌でも神様が誕生するので、神様があんまり有難く感じないのはオイラだけでしょうか(笑)?「八百万の神」と呼ばれる神様たちが、どんなものから生まれたのか、知らない人も多いと思うので、ちょっと一緒にお勉強DA☆

愛とまぐはひの古事記
愛とまぐはひの古事記
大塚 ひかり

伊邪那岐(いざなぎ)神と伊邪那美(いざなみ)神は高天原(天上界)に対で現れた5組目の神様で、この2人の神様が天地を整えるように委任されるところから、日本は始まります。

さてさてその神様なんですが、神様といえど普通にHをして子供が生まれます。生まれた子供もまた神様、とにかくすんごい数なんですよね。中には子供の数に入らない子もいて、1番最初に生まれたのにも関わらず、体が不完全だったため流されてしまった水蛭子(ひるこ)は、その原因が伊邪那美(いざなみ)神(女神)が最初に言葉を発してしまったためとされています。

ここにとんでもない男尊女卑の儒学思想が挟まれているのが、神話が人によって作られたものという証拠であるような気がしますよね・・。または伊邪那岐(いざなぎ)神と伊邪那美(いざなみ)神は兄妹の関係であり、近親相姦というタブーが隠されているのではないかという説もあります。

古事記 [日本の古典をよむ] (日本の古典をよむ 1) (日本の古典をよむ 1)
古事記 [日本の古典をよむ] (日本の古典をよむ 1) (日本の古典をよむ 1)
山口 佳紀; 神野志 隆光 普通にHして子供が生まれたかと思えば、単一でも子供が生まれます。都合の良い何でもアリな現象で、「神様だから仕方ない」と言われてしまえば仕方がないのですが(笑)、伊邪那美(いざなみ)神が火之迦具土(ひのかぐつち)神を生み、火傷が原因で死んでしまった時、その亡骸からも子供が生まれるんですねー・・。亡骸だけならいいんですが、ウンコやオシッコ、仕舞いには嘔吐物からも子供が生まれちゃう。

もっと付け加えると、火之迦具土(ひのかぐつち)神を生んだせいで、愛する妻が死んだのだと逆ギレして、せっかく生んだ火之迦具土(ひのかぐつち)神を殺してしまった、この時に殺した刀と、火之迦具土(ひのかぐつち)神から流れ出た血、遺体からも何故か神様が生まれるんです。

更にもっと付け加えると、黄泉の国から戻って来た伊邪那岐(いざなぎ)神(黄泉の国巡りは有名な話なので内容省きますよー)、その穢れを払うため、禊(みそぎ)をするのですけど、身につけていたものを脱ぎ捨てると、そこからあら不思議。また神様がどっさり生まれ、川で体を洗うとまたそこからどっさり神様が生まれます。最後に顔を洗うと、左目から天照大御神(あまてらすおおみかみ)、右目から月読命(つくよみのみこと)、鼻からは建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)と重要なポストにつく3人の神様が生まれます。

生まれた神々にそれぞれ意味があるんですが、伊邪那美(いざなみ)神の死が他の神々を生むために必要だったとはいえ、醜い姿を夫に見られ、挙げ句の果てには逃げ出されてしまうなんてあまりに不憫でなりません。

とこんな具合に「死」から生じる「生」、いらないと思われるものから生じる「生」は、万物すべて神様から作られているんですよーということです。

古事記逆説の暗号―日本書紀を覆す反骨のカラクリ
古事記逆説の暗号―日本書紀を覆す反骨のカラクリ
関 裕二

神武天皇誕生以降は、他民族排他と権力争いによる暗殺、虐殺、惨劇の連鎖。昔からこーゆーことを繰り返して歴史って作られているんですね。浮気や道ならぬ兄弟同士の恋、現代風にアレンジしたら、昼ドラ真っ青なくらいドロッドロな話が詰まっているので、興味がある方は読んでみてはいかがでしょうか。

記紀は読み手によって違った解釈や異説がある楽しい読み物です。舌を噛みそうな神様の名前や登場人物の名前は、古代の香りがぷんぷんします。古代神話に出て来る用語は、ゲームや小説のベースとして多々出てきますし、知っているといろいろ理解が早いってのがミソです(笑) 
| 映画と本 | 21:25 | - | trackbacks(0) | ゼロ |
わが魂は輝く水なり・続
我が人生は輝く水なり
(ノ・ω・)ノ < 観に行ってよかったーーーーっ!!!!
千秋楽が終わるのを待ってました。ネタバレごと書いてしまいそうなのでー。とか言いつつあらすじ云々は他の方がイロイロ書いていますので、そちらを見てくださいねー。

死してなお父親の側に亡霊となってまとわりつく息子(五郎)と、老いさらばえてなお戦場に身を置く父親(実盛)。そして誰かにすがらずには自分を成しえることができない女(巴御前)。捉え方は個々あるとは思いますが、「生への執着」を感じられずにはいられない舞台でした。

それぞれが抱えるドロリとした心の闇みたいなものがある中、尾上菊之助さん演じる亡霊となった五郎は、透き通った玉のように綺麗な魂を持っていて、それが生者と死者の違いを表現してるのかなぁと思いました。世界が戦という狂気に向かっていく中、野村萬斎さん演じる父親である実盛が、一際輝く最後の一瞬を狂わず迎えられたのは、綺麗な五郎の魂に引きずられたからなのかもしれません。

狂気という点で、巴御前を演じた秋山菜津子さんは素晴らしかったです。
自分が自分であるが為に、自分に都合のいい「源義仲」を見つけようとします。本当に手に入れたい人(実盛のこと)は誰なのか分かっているはずなのに、誰もその変わりになれないことを知っているのにです。

次々と人を殺め、「義仲」の変わりに戦を続けて行く様は怖いけど悲しくもあり、女の人のドロドロした感情をぎゅうっと固めたかのようでした。ちょっと寒気がしたくらいの演技に拍手を送りたいと思います。

舞台は源平合戦なので、「笹竜胆」と「揚羽蝶」の紋があちこちに出てきましたね。凄いなぁと思った演出があるのですが、白地の旗指物(はたさしもの)に、血のりがまばらについているだけで、瞬時にその場が生死をかけた凄惨な戦場だと認識すること。

ある程度覚悟はしていましたが、やはり「平家物語」がベース。
このまま壇ノ浦まで突っ走って何か叫びたいような・・・鬱々としてかなり物悲しかったです。けれど久々に拍手らしい拍手をしたような気がします。手がかゆくなったぞと。
| 映画と本 | 02:22 | - | trackbacks(0) | ゼロ |
わが魂は輝く水なり
わが魂は輝く水なり
わが魂は輝く水なり」これを明日観に行ってきます。
野村萬斎さんと尾上菊之助さん、狂言界と歌舞伎界のブリンスですョ。
ヾ(o゚ω゚o)ノ゙カコイイー。

平家物語巻七の中にある、「倶利伽羅落」をモチーフにしています。
同名タイトルの原作者は清水邦夫さん、原作本は古書扱いなので読みたい方は図書館に行ってみるといいかもしれません。買うとなると万札1枚くらい軽くいきます!

源平合戦の時代ですので、平安末期くらいですね。滅びに向かってゆくサマを書きつらねた平家物語は、悲しくなるのであんまり好きじゃないって人の方が多いかもしれませんが、うまく言えないんですけど退廃美みたいなものがあってオイラは好きなんですよねー。

わし、これを楽しみに今日までの忙しさを乗り越えてきたんじゃ・・。
観た後に気力があったら感想とか書けたらいいなと思ってます。
| 映画と本 | 19:24 | - | trackbacks(1) | ゼロ |
ハードキャンディ
ハードキャンディ デラックス版
ハードキャンディ デラックス版

hard candy
1・砂糖とコーンシロップから作ったキャンディ
2・堅いけど砕けやすいキャンディ
3・勃起したペニスのこと
4・ヘロインの俗語

マドンナの新作アルバムも「ハード・キャンディ」というタイトルですが、意味はこんなんなんですねー。今日紹介するのは映画の「ハードキャンディ」です。GWの締めに如何でしょうか。

基本的にDVDレンタルはホラグロ専門なオイラです。
動画もホラーホイホイ状態で、頭が悪そうなカップルがすぐ死んじゃうような趣味の悪い映画が好きですね(笑) 適当に借りてハズレ8、アタリ2くらいでしょうか。

そんな中でこの間アタリを引きました。
キャッチフレーズは


赤ずきんが仕掛けるオオカミへのゲーム


とこんな感じ。
出会い系サイトで知り合ったロリコンオヤジと、14歳のおにゃのこ。
得物を狙ったはずのオオカミが、逆に赤頭巾ちゃんに狩りたてられちゃう・・。怖い怖い・・・そんなお話です。

ロリコンは抹殺・削除


最初から最後まで意思が一貫していてブレることがないため、非常に爽快で、テンポもいいです。赤頭巾ちゃんが何故ロリコンオヤジ狩りをしているのか、きっちりした理由が最後までわかりませんでしたが、日常生活の中のほんのひとコマ程度にしか思っていないようなところが、不気味であり小気味いい感じがします。

ハードキャンディー


何もロリコンに限ったことではありませんが、誰にでも何にでも言えることとして、自覚症状を持たないということは最大級の危険を孕んでいるということ。そして、「ハードキャンディー」というタイトルの意味は「4・ヘロインの俗語」を指しています。何も麻薬だけが中毒になるものではないという意味、見終わった時に分かるかと思います。

後日、思わず中古でDVD売っていたので買っちゃいました。
| 映画と本 | 23:07 | - | trackbacks(0) | ゼロ |
センゴク外伝桶狭間戦記
センゴク外伝桶狭間戦記 (KCデラックス)
センゴク外伝桶狭間戦記 (KCデラックス)
宮下 英樹

今川義元を題材に描かれています。作者は「センゴク」と同じ宮下さん。
デフォルトで「今川義元」はあまり「カッコイイ」印象を持っていない方が多いと思います。ゲームの影響も大いにあると思うのですが、都落ちした公家を保護し、公家文化に精通していたことから「白塗り・公家眉」が頭にぱっと浮かぶのではないでしょうか。

今川家は将軍足利家の分家でしたので、特別に「輿」に乗ることを許されていました。そういったことから、戦場でも「輿」で移動をしていたという俗説が残されていますが、実際史料として残されているのは江戸時代のものですので、創作されている可能性が高いのです。この作品はそういった今までの「今川義元」というイメージを払拭してくれます。

ちなみに、勘違いがあると困るので補足しておきますが、「桶狭間」が善かれ悪しかれ義元の名前をメジャーにしていますが今川家の最盛期は義元の父親、氏親の代です。
| 映画と本 | 20:16 | - | trackbacks(0) | ゼロ |
ジョジョの奇妙な百人一首
最近何かと周りがアツイと感じるJOJO。
先日一緒に池袋に行った、戦国イベント専属のお手伝い「配下その1」とも話していたのですが、リアルに連載だけを読んでいた世代は「コアなファン」ではないけれど、話を聞いたり言われたりすれば、普通に盛り上がれる「奇妙なファン」層なのだそうです。

原作者の荒木先生の個性的な絵が、恐らく記憶に焼き付いていて、何かの瞬間に鮮明に思い出すことができるわけです。そういえば、ジョジョ話は誰かとすると、急にテンションが上がりまくってしまうのが不思議だと感じてはいましたが、理屈は何となく分かるような気がします(笑)

そんなJOJOライクな方に。ハイッ!!
ジョジョの奇妙な百人一首
ジョジョの奇妙な百人一首

ジョジョ語録で作られた百人一首。いったいどういう基準で「100種類」を選んだのかが気になりますが、「擬音カルタ」を作るという計画も一部ではあったくらいですから、「何故」とかは禁句ですよね。

もちろん予約しましたよ(笑) そんなの当たり前じゃあないですか。3組予約しようとしたら、周りに静かに首を横に振られて止められたので、2組だけ(笑) その内訳は言わなくてもわかりますよね、悲しいサガですよ。

( ̄□ ̄;)・・はぅわぁ!! 今日はこれが書きたいんじゃないぞオレ。
| 映画と本 | 16:22 | - | trackbacks(3) | ゼロ |
もってけ! トレマーズ
トレマーズ

トレマーズ
こんな時間に、久々に「トレマーズ」という映画を見ました。若き頃のケビン・ベーコンがカッコイイ、モンスターパニック映画です。名作ですね。


この動画のUP主「トレマーズ」シリーズの動画をかなりUPしているんですが、どんだけ「トレマーズ」が好きなのかが一目で分かります(笑) そのこだわりようが何だか妙に可愛すぎます。眠くてテンション下降気味のところ、かの名曲ととも流れるテンポのよさが脳みそを激しく振動しました。
| 映画と本 | 04:40 | - | trackbacks(0) | ゼロ |
300【スリーハンドレッド】
300 <スリーハンドレッド> 特別版(2枚組)
300 <スリーハンドレッド> 特別版(2枚組)

イベントにてご注文頂きましたジャージの発送がすべて完了しましたので、
骨休めに映画館に行って観ることができなかった気になるDVDを観ました。

ぐはっ・・・とにかく猛烈に自分の体が恥ずかしくなります(笑)
見事に割れた6コの腹筋。パンツ一丁に赤マントなのにカッコイイのですょ!!
ロケ撮影が全くなかったという背景オールCGですが、独特の色彩としなやかな筋肉の動きがよく分かるスロー&ファーストの映像手法。

戦うシーンは基本的にスローなんですが、インパクトの瞬間に普通の速さに戻るので、逆にスピード感が出ていて、妙に頭に残ります。基本的に血がドバドバ出る作品なので、殺したり殺されたりがダメな方は観るのをオススメしませんが・・。

古代ギリシアの都市国家「スパルタ」の史実をモチーフに作られているのですが、対する「ペルシア」これがまた人間通り越しちゃっている所がスゴイのです(笑) まるでゲームに出て来るモンスターのような設定でして、異国の軍団がこんな風に眼に映っていたってのを体現しているかのようです。

ペルシアからの使者が「女が男の政治の話に口を出すのか」と言うシーンがあるのですが、その時にスパルタの王妃が「真の男を生めるのは女だけだからよ」と返すセリフが
中でも印象的でした。

DVDを買いたくなったし、そして体を無性に鍛えたくなる(笑)
そんな秋の1本でした。
| 映画と本 | 20:33 | - | trackbacks(0) | ゼロ |